松本市のタイヤ交換中の男性死亡はニヤクコーポレーション松本事業所と判明

ニヤクコーポレーション死亡事故報道

タイトルを想像するだけでも恐ろしい事故が松本市であったようです。

これは、松本市の運送会社「ニヤクコーポレーション松本事業所」で発生しました。

こちらが報道で判明した会社となります。

男性がタイヤ交換をしていたのですが、そこへ機械に巻き込まれてしまったのです。

残念ながらお亡くなりになったようです。

ということで、このようなタイヤ交換で巻き込まれないようにする方法などを事故現場などから考査したいと思います。

タイヤチェンジャーに巻き込まれ草間健治さん死亡

倉庫でタイヤ交換していたのは、松本市寿北に住まれている会社員の草間健治さんという方です。
年齢は48歳です。

さきほど説明したとおり、ニヤクコーポレーションの松本事業所というところで事故がありました。

こちらがストリートビューによる所在地になります。
住所は長野県松本市今井7255となっています。

これがタイヤチェンジャー

YouTubeで大型車のものをさがしていたらこのようなものが出てきたので、このようなものなのだろうなって思います。

興味がある方はこちらをご覧ください。

で、今回の事故ですが、草間さんは、タイヤチェンジャーという機械を使い交換をしていたようです。
ところが、午前10時過ぎに巻き込まれたようです。

このあと、通報によって消防がやってきました。
しかし、残念なことに、午前11時前にはこの場所で死亡が確認されたとのことです。

巻き込まれた原因が判明!

警察が事故の原因を調べてるようです。

それによりますと、草間さんはホイールからタイヤを外す工程だったようです。

そこへ巻き込まれとのことです。

車は大型車だったとのことです。

10トン用のタイヤチェンジャーのYouTube動画

他にも10トンなどもあるようでこのようなものです。

いかがでしょうか、このような巨大なものに巻き込まれたらたしかに死亡事件へつながらざるをえないのではないでしょうか。

巻き込まれたりしない方法

今回の事故の原因を考えると巻き込まれたことが一番の原因となります。

どうやって巻き込まれたのかは不明ですが、ホイールからはずそうとして巻き込まれたことが判明しています。機械はホイールから外すのが主な役割ですので、当然注意したいのは巻き込まれないようにすることだろうと思います。

やはり一番の対策は、このような作業をしないということではないでしょうか。

しかし、この時期にこのようなニュースというのは注意喚起を含んでいるものですよね。

シーズン的にタイヤ交換の時期となっていますので、特に一般車の方なども素人による交換などで巻き込まれて亡くなるようなことがないように、注意したいものです。