末永信忠容疑者が架空取引で5千万円詐取!熊本県玉名市の事業組合から

どうやらにゅーすではウソの納品書を事業組合に出してお金をだまし取ったみたいだねー!

ってことで今回逮捕されたのは、末永信忠容疑者です。

職業は自称ですが林業をされてるようで、年齢は45歳です。

住んでいるのは、長崎県長崎市田中町ってとこみたいです!

それでは、今回逮捕された事件概要や犯人の経歴などを紹介しますね。

自称林業の男が玉名市の事業組合から現金をだまし取る事件概要

この事件は2013年2月から4月ごろに、末永信忠容疑者が、長崎県内の飲食店に魚を卸売したというウソの納品書を書いてそれを60回も提出していたんだって。

請求書

cloudhoreca / Pixabay

組合には、自分が飲食店の品物を収めた代金9割を前払いしてもらう代わりに、飲食店から後日支払われる金額が組合に入る取引をしたいということを言ってたんだって。

お金

geralt / Pixabay

熊本県警は、架空取引の話で現金5000万円をだまし取った末永容疑者を詐欺の疑いで逮捕することにしちゃいました。