ヒルドイドクリームなどを手に入れる方法や裏技は?美容などの効果は?

今日のニュースでこのような内容が報じられていましたよ\(^o^)/

保湿用塗り薬「ヒルドイド」美容使用 対応策は「患者に配慮を」
保湿用の塗り薬「ヒルドイド」が美容のため、化粧品代わりに使われている問題で、加藤厚生労働大臣は、薬が本当に必要な患者には不利にならないよう慎重に対応策を検討するべきだとの考えを示しました。アトピー性皮膚炎などの治療に使われる「ヒルドイド」をめぐっては、美容目的で使う人が増え、医療費の無駄遣いが指摘されています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_144887

ヒルドイドが美容効果ありで顔に塗る化粧品代わりに使えるって本当?って思いがちですが、

つまり、本当に美容として化粧品代わりに使っているというわけですね。

こちらが噂の塗り薬です。

ヒルドイドの画像

美容に良いほかにもキズ跡をきれいにする効果などもあるのです。

ローションやクリームゲルなどありますが傷跡にはゲルが有効的だとも言われてるようです。
実は、ケロイドや肥厚性瘢痕などの肌が盛り上がったりした部分の傷跡を治す効果があるみたいです。

それでは、この美容にも効く成分についてまとめますね。

ヒルドイドとは?

ヒルドイドの種類

成分名はヘパリン類似物質

ヘパリンによく似ていてるのでヘパリン類似物質と呼ばれているだけのようです。
ヘパリンは、主にブタの臓器を原料に作られている薬品です。
実は人間の体内に存在するムコ多糖類の一種で、ヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンなどと同じです。
このムコ多糖類は、ヒアルロン酸などからわかるように水分を蓄える働きをする物質ですね。
これによって肌の潤いをキープしたり体内の細胞に栄養や老廃物を運んだりしてくれます。

ヒルドイドは医師の処方でしか手に入らないので代用まとめ

今回のニュースでわかるように、肌の美容などを目的として手に入れるのは難しいようです。
また医師の処方がいるので、ふつうに手に入りませんよね。

そこでそれに似た成分というのが市販にあるの?ってなりますよね。

そこで市販薬としては、「ヘパリン類似物質を0.3%配合」されているローション&クリームなどを紹介しますね。

ノバルティスファーマHPローション、HPクリーム

HPクリーム

HPローション