休業補償金を詐取したのは細井芳春と松本徹、西沢和男容疑者らの3人だけど金額や犯行は何をした?

こんにちわー!保険申請とかふつうー自分名義でするものですが、

どーやら今回の事件で発覚したのは、他人の名前で労災保険を通して、休業補償金を騙し取るってことをした男3人がいることがわかりました!

「休業補償金 埼玉 詐欺で誰?」とか「埼玉県労災詐欺」とか 「労災保険 搾取 細井芳春容疑者って誰?」などで探してると思いますので、わかりやすく簡単に解説して、騙されない対策をまとめるねー♪

他人名義で労災保険を申請し、休業補償金をだまし取った疑いで、男3人が逮捕された。
逮捕されたのは、細井芳春容疑者(38)と松本 徹容疑者(32)、西沢和男容疑者(48)の3人。

ホウドウキョク

休業補償金を他人名義で詐取した男3人逮捕

まずは事件概要からだねー!

たぶんDQN系がやってるんだろうなーっておもっちゃいますよね!

こちらたぶん留置場生活の容疑者でしょうねー!

悪そうなメガネを掛けちゃってめっちゃ爆笑してまーす(^o^)
細井芳春容疑者らの顔写真

いや相当の悪でしょうか😅

事件は2016年3月の住宅工事の作業中に行なったようですよ。

細井容疑者と松本容疑者は2016年3月、埼玉県内の住宅工事の作業中に足場から落ちて、けがをしたと偽り、他人名義の労災保険を労働基準監督署に申請して、休業補償金およそ520万円をだまし取るなどした疑いが持たれていて、西沢容疑者は、労災保険加入のために必要な通帳などを、細井容疑者らに渡した疑いが持たれている。

ホウドウキョク

3人がそれぞれ申請したように思いがちなんですが、実は役割分担してたってことですよねー^^;

長いのでざっくり説明すると、最年長の48才の西沢容疑者が、通帳などを用意したんだって。

それで、細井容疑者と松本容疑者の2人は仕事中に転落してケガしたと労災保険で申請😁

もちろん西沢容疑者が用意したのは他人の名義ですが、それを労働基準監督署へ申請したようですよ!

すると、休業補償金で520万円が手に入ったんだって!

この容疑者らは似たようなことをやっていたようで、これまでにも3千万円ものお金を騙して手に入れてたようで捜査を続けてるみたい!

細井容疑者警察車両に乗り込む所

どうしてこんなとんでもないことをしちゃったのかといいますと、容疑者らは生活費が欲しかったと証言していますよ。

細井芳春容疑者車内の写真

休業補償金を詐取されない方法は?

事件

rawpixel / Pixabay

ネットで調べてみた所不明ですねー!
じゃーそもそも「「労災保険の休業補償給付」ってのは何かなーってなりますよねー!

ざっくり調べた結果

休業補償給付ってゆーのは業務上または通勤時が原因で怪我したり休業しなくちゃいけなくなったときに休業中の所得を保障するための給付なんだって。

それで労働者が療養してて、労働できなかったら休業4日目かあら支給されるんだって。その間の期間を待機期間っていうらしいよー。

さらに新しくわかったことですが、

このときにかかったものを本人が提出するのはもちろんですが、
事業主も労働災害が起こったことを証明するために書類を書いたりする必要があるんだって^^;

ってことは、今回のこの3人のうちのひとりは事業主ってことでしょうかねー
労務Search:https://romsearch.officestation.jp/rodohoken/rousaihoken/1765

そうじゃないと勝手に申請できませんからねー

ということで、事業主もみんなグルだったら最初は気づかないのでこんなことになった!ってことで終わりますねー(^.^)/~~~