洗脳の世界の本を白石隆浩が読んでいた!座間市9人遺体の犯人!

先日起こった酷い事件といえば、
神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件ですよね。

https://youtuberka.com/seabass-haim/

座間市9遺体事件

なんでも被害者のほとんどは女性だという😱

怖すぎてニュースなんてみれないよー!

といいながら気になるのでついつい見ちゃうのですが。

さて、新しい情報が入っったのですが、

どうやらこの白石容疑者、

SNSでやりとりをした女性から

一冊の本についての新情報です。

それではまとめたいと思います。

洗脳の世界という本を白石隆浩容疑者が読んでいたと話題

自殺願望のある女性を誘うために洗脳の研究?

洗脳の世界って本を容疑者は読んだらしいのです。

捜査員が証拠を押収したりしている
TBSニュースで書かれていたのをまとめますと、このような感じです。

それによりますと、9月はじめ頃から逮捕される2日前まで、

ある女性が白石容疑者と電話やSNSでやりとりをしていたのです。
その内容は「洗脳」でした。

今回殺害された女性のほとんどは自殺願望のある女性だとされています。

容疑者は洗脳について研究していたことがわかったみたい

実は、容疑者は自殺願望のある女性を誘うために、洗脳について研究していたことがわかっているようですよ。

「(白石容疑者は)洗脳の勉強をするって言っていました」(白石容疑者とSNSでやり取りした女性)
TBSニュース

このSNSでやりとりをした女性は以下のようなやりとりがあったみたいです。

(女性)「洗脳のやり方とかわかる?」

(白石容疑者)「急にどうした笑」

(女性)「すぐに死ぬには洗脳からかなって」

(白石容疑者)「洗脳してほしいの?」

(女性)「じゃないと死ねない気がする」

(白石容疑者)「洗脳するかどうかは別としてとりあえず会ってみよ?」

言葉巧みに女性を誘う白石容疑者は優しかったようです。
彼女によりますと、

「彼(白石容疑者)ぐらいしか、こんなにずっと話してくれる人がいなかったので、本当に優しかったです。本当に私は(楽しいことが)特になくて、彼とカカオ(メッセージアプリ)しているのが楽しかったです。(Q.依存性のある優しさだった?)そうですね」(白石容疑者とSNSでやり取りした女性)

洗脳の世界という本

女性は2ヶ月にも及ぶやり取りでこころを揺さぶられたようです。
女性は次第に、容疑者へ依存してゆくようになったそうです。

カカオでやり取り!女性に送ったロープの写真

カカオしてたんだってー!
白石容疑者はカカオをしていた

これが女性へおくったロープの写真とのことです。
白石容疑者のロープの写真
そして、逮捕前に送られてきたのが例の本だったそうです。

洗脳の世界というタイトルの本をカカオで画像送信

そしてこの洗脳の世界という本を送ってきたんだってk
洗脳の世界

「痛みとか苦しみとかを与えると、人間て思考能力がなくなっちゃうんだって」

などとフレーズを引用したりして女性に話していたとか。

洗脳の世界―だまされないためにマインドコントロールを科学する

これがタイトルのようです。「洗脳の世界―だまされないためにマインドコントロールを科学する」
著者は外国の方のようですね。

キャスリーン テイラー (著), Kathleen Taylor (原著), 佐藤 敬 (翻訳)となっています。

こちらの評価について

なかなか長ったらしい内容で読むのに疲れたが、多くの事例を取り入れたものとして興味深い一冊。

いろいろ脳科学の話が書かれているが研究論文や学術論文ではなくエッセイである。
洗脳、とにかく、人々、個人の信念を変化させる手法や歴史または、著名な学者達の理論や言葉を紹介している。

大したことを言っていないが、難しいことを言っているような書き方なので、疲れる割りに得るものは少ない。

社会心理学的なアプローチだけでなく脳科学的なアプローチで洗脳が分析されている

ページ構成はこんな感じみたいですよ

      1. 環境コントロール

      1.   個人の外貨機とのコミュニケーションをコントロールし、それによってその人の

      1.   現実理解をコントロールする。
        霊的操作

      1.   一定のパターンの行動と情動を、あたかも自然発生したかのように誘導する。
        純粋性の追求

      1.   選ばれた集団外の分子は排除し、それらが集団のメンバーの精神に影響しないようにすべきという信念。
        告白のカルト

      1.   個人のプライバシーを最小限にするために、告白を利用、強要する。
        神聖な科学

      1.   イデオロギーの基本的新年は道徳的に不変であり、科学的に真実であるとみなすことによって、外見的権威を増大させる。
        言葉の意味付け

      1.   複雑な考えを簡単で、断定的に聞こえることばに圧縮する。『思考停止法」
        人より教義の優先

      1.   個人が経験する何事にもまして教義が正しく真実であるという考え。
        存在権の分配

    1.   集団のメンバー、非メンバーの両者の生活の質、最終的運命をコントロールする権利。

興味がある人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか?